みんなの笑顔と希望で丹波をハッピーに!

【カメラ女子が行く】地域で人気の実力派・丹波旬菜田舎家

ランチ, 丹波うまいもんMAP

みなさま、初めまして!丹波市柏原町出身のカメラ女子のミホです。

 

丹波の美味しいものをどんどんご紹介する「うまいもんMAP」、

以前この記事で私の奮闘ぶりが取り上げられてましたが、

私、カメラ女子のミホはフォトジェニックな写真で、

みなさまにお届けしていきますよ〜!

 

今回は、柏原町にある昔ながらの定食屋である

「丹波旬菜 田舎家」さんに行ってきました。

柏原町に住んでいたけれど…、

Uターンしてきて2年経つけれども…、

実は初めて来るという田舎家さん、ワクワクしますね!

店先にかかる暖簾の奥から漏れ出す暖色の照明が、

お店の温かい雰囲気を感じさせる外観です。

店内に入ると、オシャレな眼鏡をかけた若女将である

出野さんがお出迎え。

 

まだ改装して間もないと思われる

新しく綺麗で落ち着いた雰囲気の内装、

木の椅子に腰掛けて、

オススメのメニューを出野さんに聞いてみました。

「オススメは、唐揚げ定食ですねー。

サラリーマンの方々に人気なんですよ。

それと、女性に人気なのは煮魚定食ですね。

あと、加藤さんがよく食べていらっしゃったのはカツ丼ですね。」

 

なんと!ハピネスマーケットプロデューサーである

加藤さんも通っていらしたと!

ハピネスマーケットだけでなく、

色々なマーケットにも携わって美味しいものもたくさんご存知の

「あの加藤さん」がセレクトしたカツ丼なのだから間違いないよね!

というわけで、私は加藤さんセレクトのカツ丼を注文しました!

お酒が進むメニューもたくさんあって、

マイカーじゃなかったら絶対にお酒とつまみを注文していたのに!!

柏原駅まで歩ける距離なので、ぜひ飲みでのご利用もお楽しみください!

 

「お待たせしました〜」

黄色が鮮やかなふわふわ卵に包まれたカツ、

ああ食べたい!という気持ちを抑えて、

まずはカメラを構えてじっくりと写真撮影。

箸で持ち上げる卵でとじたカツは、なんて美しいのだろう…。

撮影を終えて、いよいよ実食!

お味噌汁、お新香つきでした。

 

甘くてふわふわの卵、玉ねぎの甘み、

カラッと揚がったカツと絡んで、

カツ丼だけど重さを感じさせることがなくて箸が進んで、う、うまい!!

 

ちなみに一緒に行ったハピネスライターのあさこさんは、

女性に人気だという煮魚定食を注文。

うれしそうですねー。

煮魚定食の全貌。

この日はカレイの煮つけでした。

ほぐした身がぷるんっと、見るからにとっても美味しそう!

聞いてみたところ、

「優しく上品な感じで煮つけられていて、

柔らかいのに弾力があって、

とっても心満たされる煮魚です!」とのことでした。

これも人気の理由が分かりますね!

小鉢も充実!

いやあ、こんないいお店を知らなかったなんて!

丹波市の魅力をまた一つ知ったミホなのでした〜。

 

info
丹波旬菜 田舎家
所在地 丹波市柏原町柏原168-2
営業時間 昼の部11:00~14:00
夜の部17:30~22:00
定休日 日曜日(都合により変更あり)
お問い合わせ、ご予約はお電話のみの受付

昼  寿司・丼・定食・うどんなどのお食事メニュー。
平日のみ日替わり780円~
夜  お食事メニュー・一品メニュー・地酒
会席コース 3280円~(予約制)

miho

相棒のNikon D750を携えて丹波のフォトジェニックをお届けしますよ! 副業でカメラマンもやっています、お仕事募集中╰(*´︶`*)╯

ランチ, 丹波うまいもんMAP

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です