みんなの笑顔と希望で丹波をハッピーに!

【ぜんざい】丹波栗 夫婦ぜんざい@かどのの郷

ぜんざい, 丹波うまいもんMAP

H29年11月3日よりH30年2月4日まで丹波市で開催中の

「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」

丹波市がこの秋冬も、ぜんざいの町に!

ということでやってまいりましたぜんざい行脚、

7店目はこちらっ

どん。かどのの郷~!!

この日はハピネスライターあさこの友人が、子連れレポートに協力してくれましたよっ

北近畿豊岡自動車道の氷上インターを降りて車で走ること10分ほどで、

「かどのの郷」に到着!

こちらの看板メニューは、

どどーん、これだ~!!

中でも地元の米と地養卵を使ったたまごかけごはん(350円)←しかも税込みっ

行列ができるほどの名物メニューなんでございますよっ

外には地元の農産物、中にも特産品の販売所がありますので、お土産も選べるね!

ぜんざいが食べられちゃうのは、こちらのお食事スペースだよん。

そして、注意していただきたいのがこちらっ

どどん、ぜんざいの提供時間~~!!

平日は午後、つまりピーエムの1時ですって。24時間時計派のために、13時から!

休日はさらに一時間後の、ピーエム2時、つまり14時からぜんざいタイム!

ランチタイムが人気すぎるが故の、この提供時間、お忘れなく!!

 

ちなみに友人は、お昼を軽めに済ませた子どもたち、

三兄弟をお供にわくわくぜんざい待ちの末、

 

どん。

おもちがうっすらピンクで可愛らしい~~~!

さてさて、気になるお味は??

こちらは、和風のお汁たっぷり温かいぜんざいです。

落ち着くタイプの王道ぜんざいですね。

付け合わせは生姜を煮付けたスライス!

まぁ!付け合せには塩昆布、またお漬物といろいろ見てきましたが、これはレアですねっ!

大納言小豆をしっかり煮込んだお汁に、

柔らかく炊かれた栗の甘露煮がた~っぷり。

かどのの郷自家製お餅は2個、伸びの良い紅白のお餅が入っています。

さすが『丹波栗 夫婦ぜんざい』!めおとですよめおと。

ニクイね! ●菱!

ってなると、

三兄弟たちはお餅伸ばし対決、はじめちゃいますよね。

まずは長男坊が、びよーーん、

次に次男坊が、びよよーーーん!

三男坊はなにか自由なお楽しみ!?

「お汁は甘さの中に塩味が感じられ、それが絶妙な隠し味になっていて美味しかった。」

とまとめてくれたのは、小学4年生の長男君。

しっかりしてますなぁ~!!

お母さんであるところの友人によりますと、

生姜とぜんざいの組み合わせが絶妙だったそう。

「生姜スライスも自家製、どのメニューも丹波産」にこだわったかどのの郷さん、

ランチもぜんざいも、ガッツリお楽しみくださいませ!

 

info
店名    交流会館 かどのの郷
所在地   丹波市氷上町上新庄445-4
電話    0795-82-4224
営業時間  8:30~17:00(4月~12月)
9:00~17:00(1月~3月)
※ ぜんざい提供 平日13:00~ 休日14:00~
定休日   水曜 水曜が祝日の場合は木曜

===========================================

この秋、丹波市が「ぜんざいの町」に!
丹波大納言小豆ぜんざいフェア

古くから朝廷や幕府に献上された由緒ある丹波地域の特産品、
「丹波大納言小豆」。丹波市ではこの秋~冬、丹波大納言小豆を使った「ぜんざい」が、
市内38カ所のお店で提供されます。定番からアレンジされた斬新なメニューまで、
「ぜんざいの町」ならではの多彩なメニューをお楽しみください。

【開催期間】
2017年11月3日(金)~2018年2月4日(日)

【ぜんざいMAPダウンロード】
http://magocoro.tamba.sc/map2017/

============================================

 

ハピネスライター あさこ

ハピネスマーケットのワクワク、
ハピネス周りの「素敵!」を、
ちょっとアレな感じで切り取り、書き綴ります。

ぜんざい, 丹波うまいもんMAP

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です