みんなの笑顔と希望で丹波をハッピーに!

【ぜんざい】三宝入り250円!とれたて野菜直売所「ぷちぜんざい」

ぜんざい, 丹波うまいもんMAP

H29年11月3日よりH30年2月4日まで丹波市で開催中の

「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」

丹波市がこの秋冬も、ぜんざいの町に!

ということでやってまいりましたぜんざい行脚、

12店目はこちらっ

どん。

JA丹波ひかみとれたて野菜直売所でごんす。

その名の通り採れたての旬の農作物、人気店の加工品なんかがどどんと揃っちゃう、

お土産にも、普段の買い物にも楽しいこちらのスポットが、

ななんとぜんざいを、脅威価格の250円で提供してるっていうんですからね。

こっちの、のぼりが出ているところの窓から、コロッケとか、巻きずしとかと一緒に、

ぜんざいも注文できるんですよ。

勇気を出して窓をKNOCK KNOCK! いや、別に英語堪能じゃないですけど、

で、「ぜんざいありますか?」と言ったらにっこり引き受けてくださいます。

 

レポートするのは、ハピネスライターのあさこです。

ハピネスマーケットの事務局のある株式会社ご近所ってとこで働いてるのですが、

今回そのご近所新メンバーである「ゆうこちゃん」と一緒にぜんざいに挑みました!

このわくわくしているのがゆうこちゃんですよ。

カバンの大きめのファスナーもポイントですよ。

こちらのぜんざい作ってくれるスポット、上を見上げると……

なにやらソフトクリームが不思議な形を描いている……。これは……。

ということで少し離れてみると……

おお!謎はすべて解けた!!

「ソフトクリーム」で「ソフトクリーム」の文字を作っていたんですな!!

やっぱり物事、近くで見るだけではわからないこともある。

広い視点も大切なんだ。

そんな学びを得ているうちに、ぜんざいの方が出来上がってまいりましたよ。

 

慎重にぜんざいを運んでくれるゆうこちゃん。

あ、ちなみに普段はゆうこちゃんがぜんざいを運んでくれるサービスはしてないよっ!

さてさて、気になる250円リーズナボーぜんざいの全容は……!!

どん。からの……

どアップ!!

って、あれれ~? おっかしいぞ~?

 

小豆と餅以外にも何かはいってるぞ~~?

これはずばりっ

でかっ!な、渋皮煮~!!! 丹波栗ですよ姉さん。

しかも…

ゆうこ氏がもちを持ち上げる瞬間私は見た!!

でかっ!! な、黒豆も入っちゃってんじゃーん!!!

てことは丹波三宝入って250円…… なんてことだ……!!

 

おののきながら実食でございます。

うーん、小豆のお汁は甘さ控えめのあっさりタイプ。優しいお味です。

おもちは、小さめでやわらかくて、歯切れの良いタイプ。

そこに入った渋皮煮と黒豆煮は、ガッツリとした甘さ強めのしっかりしたお味。

ちゅうことであっさりな小豆のお汁が、ガッツリの黒豆、栗を引き立ててくれてますね!!

「いやー、黒豆さん、栗さんあっての私でございますから」

という小豆の謙遜キャラが見え隠れするとかしないとか。

「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」でありながら、

奥ゆかしい人柄が見え隠れするあずきさんの品の良さが伝わる、そんな一杯。

ソフトクリームも丹波大納言小豆つきで「おおっ」となりますが、

寒ーい日にはやっぱりぜんざいチョイスで、ぜひお楽しみくださいませ!

 

info

店名:JA丹波ひかみ とれたて野菜直売所

所在地:丹波市氷上町市辺440

電話:0795-82-5130

営業時間:9:00~18:00
※ぜんざい提供
10:00~15:00頃

定休日:なし

===========================================

 

この秋、丹波市が「ぜんざいの町」に!

丹波大納言小豆ぜんざいフェア

 

古くから朝廷や幕府に献上された由緒ある丹波地域の特産品、

「丹波大納言小豆」。丹波市ではこの秋~冬、丹波大納言小豆を使った「ぜんざい」が、

市内38カ所のお店で提供されます。定番からアレンジされた斬新なメニューまで、

「ぜんざいの町」ならではの多彩なメニューをお楽しみください。

 

【開催期間】

2017年11月3日(金)~2018年2月4日(日)

 

【ぜんざいMAPダウンロード】

http://magocoro.tamba.sc/map2017/

 

 

 

ハピネスライター あさこ

ハピネスマーケットのワクワク、
ハピネス周りの「素敵!」を、
ちょっとアレな感じで切り取り、書き綴ります。

ぜんざい, 丹波うまいもんMAP

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします