丹波篠山のランチ、おすすめスポット

【ぜんざい】栗入りベトナムコーヒーぜんざい@無鹿

【地元民】丹波篠山オススメランチスポット【お墨付き】, 【遊ぶ】丹波篠山お出かけスポットMAP【デート、子連れ】, 丹波うまいもんMAP【グルメ】, 丹波大納言小豆ぜんざいフェアレポート

平成29年11月3日より平成30年2月4日まで丹波市で開催中の「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」

丹波市がこの秋冬も、ぜんざいの町に!

ということでやってまいりました、ぜんざい行脚、

16店目はこちら!

レポーターは、丹波滝部 部長の中辻です。

無鹿さんにお邪魔したのは11月23日。

前日の11月22日 通称いい夫婦の日に、嫁は雨の中渓谷キャンプにて不在。

そして23日の昼間は雪の中兵庫の屋根、氷ノ山の滝に行く という暴挙に出た為、

帰宅後の夕飯時にお伺いしました。

いつも(滝に行く時子守をしてくれて)ありがとう。の食事会と、

ぜんざいマップを見た日からひときわ気になっていたアノ!ぜんざいを食べる為に♪

まずは、食事からいただきます。

さて、無鹿さんと言えば鹿です。

【ランチ】奈良県民が、鹿を食すべく無鹿に訪れた物語。

店内にもかわいい鹿さんみっけ♪

子連れに嬉しいゆったり座敷に案内していただきました。

そうそう、鹿と言えば、丹波より片道1時間半、鳥取に「大鹿滝」といういい滝があるんですよ。うふ。

そして鹿は、滝見に行った時もよく出会うので、勝手に親近感を持っています。

話が逸れましたが、今日はその鹿ではなくなんとー!

穴熊 を食べに来ました。穴熊鍋。

こんなおいしい肉はない!とまで言う方もおられる程、美味と噂の穴熊さん。

それなら食べねば、と意気込む私。

「あんなかわいい穴熊,ワシはよう食べへん!」

と断固拒否の夫をなんとか説き伏せて、ついに目の前に穴熊さんが!!

気になるお味は、脂身が甘い!!

そして、とてもいい出汁が出て、それが鍋のお野菜に染み込んで、おいしいんです~!

しかも脂身が多いのに、アクが全然出てこないのには驚きました。

夫もこれはいい!と大絶賛!ペロッとおいしくいただきました。

 

さて、さてさてさて!!

〆はやっぱり、ぜんざいでしょう!

満を持して登場しましたのがこちら!

丹波大納言小豆 栗入り ベトナムコーヒーぜんざい。

うわあ!ぜんざいの常識が覆っている!!

メインのお皿には、練乳の上に小豆、丹波栗、ひかみ牛乳のジェラート。

そして横にはベトナムコーヒー。 ちなみに、ベトナムコーヒーとは…

だ、そうです。

さて、ここで補足です。

昨年のぜんざいフェアでもコーヒーぜんざいを出されていた無鹿さん。

なんと今年は変更点があるんです!

オーナーの鴻谷さんにお話をうかがったところ、

昨年のぜんざいには柿やプルーンも入れていたのですが、

今年は果物は入れず、その分小豆がたくさん入っているので、

しっかりと黒さや大納言小豆が味わえます!とのこと。

小豆比率が上がったということは、即ち昨年よりも丹波度が上がったということ!

しかも使用されている小豆は「あずき工房やなぎた」さんの黒さや大納言小豆!!

これはなんて素晴らしいこと!

さっそくいただきます。

まずはベトナムコーヒーをワクワクしながら淹れて

そしてそのコーヒーをお皿に注ぐと~

ベトナムコーヒーぜんざいの出来上がり♪ まずは氷上牛乳ジェラートをぱくっ!

うん! コーヒーをかけたところのジェラートがシャリシャリになってて楽しい触感。

主役の小豆は、あったかぜんざいのそれとは違う歯触り。

柔らかく炊いてあるけど、歯ごたえがしっかり残っていてあっさりしておいしい~!

小豆は甜菜糖で炊いてあるんですって。

そして、同じ豆だからなのか、小豆とコーヒーが合う!!

栗の大きさに思いっきりお口を開ける長男や、

つまみ食いした長女も、

大満足!!

コーヒーのぜんざいだから子どもはあんまり食べないかな?と思い、

一杯のぜんざいを家族でわけわけしていましたが、

予想外に子どもたちが食べてますよ! 母も食べたいですよ!

アイスと練乳とも絡むから、甘くてビターで、

もうみんながおいしいコーヒーぜんざいなんですね!

おなかも心もしあわせだ。ごちそうさまでした。 と店を出ようとすると、

なんと夫婦箸のプレゼントをいただきました!

あ!そうか!いい夫婦の日 に、夫婦ぜんざい!

一説には夫婦仲を象徴するもの、とも言われているぜんざいなんですね。

来年のいい夫婦の日にも、元気で滝に行かせてもらえますように。

あ、違うか。

仲良く夫婦ぜんざいを食べられますように。

あ、でも今季フェア中にもう一度、

今度はゆっくりコーヒーぜんざいを味わいに来よう。きっときっと。

鹿も穴熊もぜんざいも、丹波のおいしいものだらけの無鹿さんへ、みなさんぜひぜひ行ってみてくださいね。
info
店名 丹波の野菜と鹿料理 無鹿
所在地 丹波市柏原町柏原659
電話 0795-73-0200
営業時間  11:30~14:30
18:00~21:30
定休日 水曜日

この秋、丹波市が「ぜんざいの町」に!
丹波大納言小豆ぜんざいフェア

古くから朝廷や幕府に献上された由緒ある丹波地域の特産品、

「丹波大納言小豆」。丹波市ではこの秋~冬、丹波大納言小豆を使った「ぜんざい」が、
市内38か所のお店で提供されます。
定番からアレンジされた斬新なメニューまで、
「ぜんざいの町」ならではの多彩なメニューをお楽しみください。

【開催期間】
2017年11月3日(金)~2018年2月4日(日)

【ぜんざいmapダウンロード】
http;//magocoro.tamba.sc/map2017/

丹波滝部部長 いくみ

大の滝好き滝ガール。 2児の母としての子連れレポの他、オススメ滝についても語ります!

【地元民】丹波篠山オススメランチスポット【お墨付き】, 【遊ぶ】丹波篠山お出かけスポットMAP【デート、子連れ】, 丹波うまいもんMAP【グルメ】, 丹波大納言小豆ぜんざいフェアレポート

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします