12月ハピネスマーケット・運営ボランティア募集中!!

【カメラ女子】隠れ家ダイニングバー「炭火 銀燻」

【カメラ女子】隠れ家ダイニングバー「炭火 銀燻」

みなさま、こんにちは、または、こんばんは!
まいど〜、カメラ女子のミホです!

今回は、”大人の男性がかっこ良く飲める店”という噂の銀燻さんへ取材に行ってきました〜。

柏原町母坪の飲み屋さん巡り大好き、という晩酌女子の恒松さんも一緒です!

 

まずは場所をご案内します。

隠れ家バーなのに場所を教えちゃうの!?とツッコミがはいりそうですが(笑)

銀燻さんは、ビジネスホテル「パークインカイバラ」の右隣の建物

「井上テナント」の1階にあります。

「銀燻」という屋号は、”銀”は煙の色で、

逆から読むと”燻し銀”になるからという由来で名付けられました。

 

シルバーグレーを基調とした内装。

渋くてカッコいいおじさまが飲んでそうな空間が!

最近では、女性のお客様も徐々に増えてきているそうで、

女性お一人様でも大丈夫です

お酒のラインナップもこーんなに豊富!

 

今回取材でお世話になったのは、店主・高野貴広さん。
黒の甚平と首元のシルバーアクセが内装とマッチングしてます!

ご自身は神戸市の出身。

まだ丹波市が氷上郡だった頃、人気居酒屋で

3年程働いていらっしゃったことがあるのだとか!

奥様が丹波市の出身で出会った頃に丹波の話で意気投合。
また丹波で頑張りたいと4年前に戻ってこられました!

ミホ「丹波新聞で、大人の男性がお一人でも飲めると書いてありましたよね?」

高野さん「男性の方が1人で入って、1杯飲んで帰れる、

丹波にはない隠れ家的な店作りをしています。

雰囲気重視で、美味しいもの、綺麗なものを取り入れて

お客さんに喜んで頂ける変わったお店にしました(^_^)

パカッ。何ともお酒の進みそうなメニューたち!

コース料理もありますよ〜!

 

本日のオススメはカウンターの黒板に書いてありますよー!

 

「丹波では新鮮な野菜が身近だから、地産地消のメニューが喜んでもらえないんですよ。

だからウチでは、この辺では珍しい牛・鶏・魚をお出ししています。」

と、高野さんのこだわり!

その他にも器のこだわりがあって、
飲む時に唇が当てやすいこの器もハクトヤさんのもの!

 

 

“燻製の盛り合わせ”と”炭火焼き盛り合わせ”を注文♪

グリルの前がガラス張りなので、高野さんが真剣な表情で焼いている様子が間近で見れますよ!
こうやって焼きながら、お客さんとコミュニケーションできるオープンさが素敵╰(*´ω`*)╯


 

こちらが、”燻製の盛り合わせ”
鯖、海老、カマンベールの盛り合わせです。

鯖の燻製が絶品で、二人とも夢中〜♡♡♡

実は鯖が苦手なカメラ女子でも食べれちゃう!

そして、鯖はお酒を選ばず、何でも合う♪

お刺身が苦手な人も「銀燻さんのお刺身だったら食べられる」といわれるのだとか、スバラシイ♡
お刺身は皮を炙っているので魚臭さなし!
また、昆布塩で頂くので味に誤魔化しが利かない一品です〜!

 

さてお次は、”炭火焼き盛り合わせ”
短角牛、鴨、百日鶏の盛り合わせです。

短角牛は、あっさりとしていて胃にもたれにくいから大人にうれしい。。
お皿の手前にある白い香味料は、ホースラディッシュという西洋ワサビ。
お肉につけると爽やかな風味が口の中に広がりますよー。
これ絶対ワインが合うやつ!

 

高野さん「お肉の後は、ピクルスが合うんですよー!(^ ^)」
恒松さん「じゃあ、ピクルスを!」

グラスの影が美しいですね〜♡╰(*´ω`*)╯
こういう演出にもラグジュアリーさを感じます。

酸っぱさが、お口の中をサッパリさせてくれますね〜。

 

こちらは蛍烏賊の燻製。
蓋を開けると煙が立ち上がるこの演出もラグジュアリー!
煙はヒッコリの香り付けのために入れられています。

蛍烏賊を燻製してオイルで漬け込んだものです。
サービスで出てくるそうですよー、出てくるかどうかは行ってみてのお楽しみ♪

 

シメは、デザートの”気まぐれ果実とパンナコッタ”♡
女子ですもの♪デザートはウキウキしますね♪

はぁ〜♡
お腹も心も程よく満たされてホッとする〜♡
ご馳走様でしたー!!

 

丹波であって丹波でないような空間「銀燻」
店主のこだわりが作り上げる素敵な世界!
いつもの飲み屋さんに飽きちゃったというそんな貴方、
銀燻さんでちょっと贅沢な一杯を楽しんでみませんか!?

 

住所:丹波市柏原町母坪376-2 井上テナント102

営業時間:17:00~23:00(LO:22:00)

TEL/0795-72-2580