【ビブリオ推薦】桜が出てくる小説14選♪

【ビブリオ推薦】桜が出てくる小説14選♪

3月のハピネスマーケットから休憩スペースにて始めました、

ビブリオテック麻子。

4/14(土)休憩所案内【本】ビブリオテック麻子

休憩所でちょっと読書タイムを楽しんでもらえたら的な図書スペース。

でも、「ちょっと時間なくて読めなかった~!」

というお話もございましたので、ハピブロでも、ビブリオでお持ちした本を

ご紹介いたします♪♪

まずは3月のハピネスでお持込しました、

「桜」が出てくるオススメ小説14選を、超簡単な書評と共にご紹介いたします!

桜は終わったけど、本を読めばいつでも花見さっ!!

(漫画と評論もあったね。小説だけじゃないアレで)

 

画像や書名をクリックしたら、Amazonのページに飛びますよっ。


雷桜 (角川文庫)

レアすぎる桜の木の下で
身分違いの恋の話。

 


サクラ咲く (光文社文庫)

なんせと甘酸っぱいから、
中学生から大人まで読める。

 


ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)

冒頭に出てくるちょっとした桜が、
あとで結構効いてくる。

 


葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

葉桜ってそういうことかーい!!
って、後半たぶん叫ぶ。たぶん。

 


庭の桜、隣の犬 (講談社文庫)

うっすらずっと不幸なら、
くっきり分かりやすく不幸がいい?

 


桜は本当に美しいのか: 欲望が生んだ文化装置 (平凡社新書)

根本を問うタイプのアレ。
文学史のおさらいにもいいね!

 


夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

今回唯一の漫画。
けど今回一番ヘビィな気もしますわ。

 


桜ほうさら

この人、時代小説もええもんですよ。
ドキドキと、ハートウォーミングとあるやつ。

 


新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

原作は全部青空文庫で読めるという、
良い時代を味わいながら気楽に読むやつ。

 


最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)

ライトノベルと侮るなかれ。
ディープでぐさり、目をそむけたくなるリアルも。

 


真夜中のサクラ

ドラァグクイーンの世界に女性が飛び込んだ、
その理由とむき出しの生き方。

 


春、戻る (集英社文庫)

突然の謎の「お兄ちゃん」、料理教室と、
和菓子屋と、マリッジブルー。

 


花のさくら通り (集英社文庫)

シャッター通りの商店街に、
移転することになった弱小広告社の奮闘。

 


ひとり日和 (河出文庫)

人間て変わる、ってことかね。
それも、変わってほしくないところが。

 

ビブリオテック麻子にて、ハピネス図書コーナーに出した本については、

以下に当てはまる方対象で貸出も行っております。

*丹波ハピネスマーケット事務局のある株式会社ご近所に借り・返しに来ることができる方。
*ご連絡先を頂ける方。

以上に当てはまって、気になるよって方は、

tamba@happinessmarket.jp

↑こちらまでご連絡くださいませ♪♪