11月ハピネスマーケット・運営ボランティア募集中!!

レトロ美しい活版印刷「廣運舘活版所」誕生!きくもとグラフィックス活版事業

レトロ美しい活版印刷「廣運舘活版所」誕生!きくもとグラフィックス活版事業

丹波のオススメスポットどんどんご紹介~♪な、ハピネスブログですが、

今回は手仕事の香り味わえるスポットに行ってまいりました~。

丹波で活版印刷できるスタジオが復活!?

皆さん、「印刷」というとどんなイメージがありますか?

パソコンのボタンをピッとおしたら出てくる、印刷済みの紙。

とっても便利ですが、なんだか当たり前になっちゃって、

そこに感慨を持たない人も多いのでは?と思います。

 

DTP(自宅やオフィスのプリンターでウィーンと出しちゃうこと)やネット印刷が主流になった影で、

一つの味わい深い技術が廃れてきています。

それがこちら。

分厚い紙に、ぽこんとした版の跡が味わい深い、活版印刷。

昔懐かしい、それなのに新しい、今見るからこそ感じられる良さがありますよね。

なんと、丹波市でこの活版印刷が気軽にできちゃう!? という噂を聞きつけまして、

私たちはある場所を訪ねました。

丹波の頼れる印刷会社「きくもとグラフィックス」にて

名刺やチラシなどのオフセット印刷など、ビジネスの中で

「こんなのあったらいいな、できたらいいな」に応える頼れる印刷会社さん、

「きくもとグラフィックス」さん。

今回訪ねたのはきくもとグラフィックスの社長、菊本裕三さんです。

まず現在の会社…ではなく、創業地でもあるハピネス会場近く、

菊本さんのご実家に。と、足を踏み入れた瞬間私たちを迎えたのがこれっ

ばばーん!!たくさんの「活字」たち~!!

もうちょっとアップで寄ってみると、

こんなふうに、一つ一つが文字のハンコ状になっているんです!

活版印刷が主流だった頃は、この文字を一つ一つ組み合わせて、

印刷したい文章(名刺なら名前とか、住所とかね)を組み合わせて、

ぎゅぎゅっと

その版にインクを塗って印刷してた……うーん、

パソコンのボタンピっておして「ウィーン」の世界から考えると、気の遠くなるような作業!

現在菊本さんは無数の活字を仕入れ、文字ごとに整頓中なのだとか!

こんな大きめのんから、

ちっっっちゃ!!!!って言いたくなるかわいいプチサイズまで。

手のひらに乗せると、

こーんなに、差があります。

サイズも色々、無数の文字、文字、文字がひしめいています。

それにしても、最新の印刷技術で地域の方々から慕われているきくもとグラフィックスさんが、

なぜ活版印刷を復活させようとしているのでしょう。

紐解かれる柏原の活版印刷の歴史

菊本さんが活版印刷に惹かれ始めたのは、先代のお父様が亡くなられた時。

ご祖父が創業したと思いこんでいた印刷業を受け継ぐことについて、

「三代目として頑張る!」と決意を新たにしていた菊本社長でしたが、時を同じくして、

ご実家の倉庫から「花のしおり」という古書が出てきました。

 

花のしおり

この古書は、日本全国の印刷所の作品をひとまとめにしたような作りになっています。

その中には丹波市柏原町、現丹波新聞社のあたりにあった「廣運舘活版所」の作品も。

柏原町は江戸時代まで織田藩の一部とされていました。その後廃藩置県となり、

柏原に行政関係の建物が集積するなか、印刷需要も出てきたことで

「廣運舘活版所(明治16年創業)」が生まれたのではないかと菊本さんは考えます。

菊本さんのご実家から「花のしおり」が出てきたのは、

「廣運舘活版所」に曽祖父が勤めていたからかもしれません。

「菊本印刷所」を創業したご祖父の父親にもまた印刷の経験があった、

つまり三代目だと思っていたご自身が四代目だったということをこの時初めて知るのです。

当時の活版印刷の技術に心奪われる私たち。

職人さんの手仕事の腕が、手仕事ならではの趣が放たれるこの古書に出会った時、菊本さんは、

「趣を印刷する技を次の世代に残すこと」

味わいとともに手にとってもらえる印刷物を作っていくことを大切にしたいと強く思ったのだそう。

そして、ここに活版印刷事業が100年の時を超えて再始動することになったのです。

きくもとグラフィックスで活版印刷事業始動。

現在は、きくもとグラフィックス現オフィスに活版印刷の機械が持ち込まれ、

イラストや名刺など、様々な作品が作られています。

2018年11月からは、「廣運舘活版所」のホームページもオープンします。

一枚一枚手作業で……ということですが、

どんなしくみで印刷ができるんでしょう?

活版印刷にチャレンジ!

ということで、ハピネスタッフたちが活版印刷を体験しちゃいました!

まず、インクを塗って…、

版を選んで、セット。

 

印刷したい紙をセットして、

手前のバーを上げ下げすることでローラーにインクが付いて、版にもインクが付きます。

そして、

ぐぐっ!と体重をかけると……、

じゃじゃーん!何故か婚約会見風な感じにできましたっ

ぐぐっと版を当てて印刷して、思ったとおりに字が印刷されていると、

「やったー!」と、諸手を上げたくなること間違いなし。

自分がデザインしたロゴが活版で印刷されたらうれしくて、

こうなっちゃうこと、間違いなし。

活版印刷で何かを作りたい、あなたに。

一つ一つ心をこめて版を押すからこそ、

職人としての手仕事の風景が、味わいが、趣が感じられる活版印刷。

今の時代だからこそ、見直されている丁寧な、

そして何故か「かわいい、ほっこり~」って感じちゃう紙の作品。

活版の名刺をいただくと、それだけで大事にしたくなっちゃうし、

活版のはがきは、お部屋に飾っておいておきたくなる。

魅力いっぱいの活版印刷で何かを作りたい!というあなた!

きくもとグラフィックスさんと

ロット、希望のデザインなどなど打ち合わせ、ご相談のうえご注文いただけますよ♪

また、始動いたしましたらこちらの記事にて情報を更新いたしますので、

引き続きコレは、チェキラってやつですな!

info

廣運舘活版所

きくもとグラフィックス株式会社
所在地 丹波市柏原町柏原2934-1

電話 0795-72-0277
電送写真 0795-70-2277

顔本頁
即席電報