10月ハピネス 開催!

お客様に優しくないお店?!丹波市の一組限定フレンチレストラン「ローベルジュ」

お客様に優しくないお店?!丹波市の一組限定フレンチレストラン「ローベルジュ」

やっほー!登山ガイドのおタキちゃんです。

私、ずっと行きたいお店があったんです。

丹波市山南町にできた、完全予約制フレンチレストラン。

でもフレンチって、なんだかドキドキする。でも行ってみたい… 思い続けていたそんな時、

コサカケーキの小坂さんからランチのお誘いが!

新年会なら贅沢してもいいですよねと意見が一致し、いざ  レストラン ローベルジュさんへ

丹波市山南町のフレンチ「ローベルジュ」は外観も中身も素敵♪

駐車場はお店の横に

店内に入ると、そこには1日1組(4名様まで)限定のプライベート空間が。

ちょこっと焼き菓子販売スペースもあり、気になる小坂さん

わくわくと席に着くと、置いてある本日のメニューに釘付け。

カラフル野菜やジビエに舌鼓!本日のメニューは…

お料理は店主の黒田さんが自ら提供して下さいます。

まずはアミューズ

シュー生地 グリエルチーズ

生地にチーズが練り込んであり、ふわふわサクサク

次に運ばれてきた彩り豊かな一品に、思わず二人とも「わあっ」

地場産野菜 徳島産鮮魚

カマス・海老・帆立・白菜・大根・ロマネスコ・菜の花を蜂蜜ドレッシングで

カマスの炙り具合が絶妙。

蕪のポタージュ

このスープ、カプチーノ仕立てになってます。

丹波産の蕪の甘みを、氷上低温殺菌牛乳とフランス産ゲラン塩が引き立ててる!

金目鯛のポアレ

竹炭のチュイル(おせんべい)をスプーンで崩して混ぜて、いただきます。

楽しい♪

ロゼール産仔羊

仔羊の柔らかいこと。

下にはじゃがいものピューレ

上にはなんと、トリュフ!たまたまあったのでと、サービスで乗せて下さいました!

これ、原価度外視なんじゃ…

 

自家製バケットには、北海道産キタノカオリと発酵バターを使用。

デザートは、豆乳のブランマンジェと小菓子が4種類♪

コーヒーか紅茶がつきます。

もう、心身ともに大満足です!!

料理人でありたい、シェフ黒田さんの想い

口福に浸りつつ、黒田さんにお話を伺いました。

大阪・神戸・東京・フランスなどで長年経験を積まれ、夢でもあった地元丹波で2019年に開業された黒田さん。

店名のローベルジュとは、オーベルジュ。

ゆっくりとした時間と空間の中で食事を楽しんでいただきたいとの思いから、そう名付けられたそうです。

 

でもまさかの、「うちはお客様に優しくない店なんです。」発言!

え?なんで?!

・予約は公式LINEから限定

・ランチもディナーも共通の ¥5000(税込)という価格設定

・メニューは完全お任せフルコースフレンチのみで、お肉料理はジビエ中心

 

それだけ聞くと、ちょっと敷居が高い気がするかもしれません。

でも、理由を聞いて、納得でした。

 

「私は、料理人でありたいんです。利益より、材料を吟味し自分が使いたいものを原価関係なく出したい。」

「鳩、仔羊を出すより、鶏や牛肉の方が喜ばれるのは分かっています。でもそれではフランス料理らしさは出せない。フランス料理は非日常が味わえる料理です。自分の想いの中で料理を出しても良いのかという葛藤もありますが、自分も喜びたいし、大切な人にこれだったら食べてもらいたいと思える料理を誠実に作りたいんです。」

と話して下さいました。

 

予約がLINE限定なのも、形態が特殊で事前に伝える事が多く、納得してから予約してほしいとの思いから。

 

お話を聞いて、正直でカッコいい方だなと思いました。

そんな思いが伝わり、最近はリピーターさんや遠方からのお客様も増えてきたそう。

だって、行けば分かるもん!と声を大にして言いたくなりました。

丹波の非日常に、あなたも触れてみませんか?

お店情報

Restaurant L’auberge

所在地 兵庫県丹波市山南町村森8−3 googleMAP

営業日 水・木・金・土・日

営業時間 昼 12:00-15:00. 夜 18:00-21:00

ディナー ¥5,000(税込) ランチ  ¥5,000(税込)

要予約  予約方法は、LINEのみ 一般アカウント @tin3310e

Instagram. → restaurant_auberge_jp

【地元民】丹波篠山ランチ【お墨付き】カテゴリの最新記事