11月ハピネスマーケット・運営ボランティア募集中!!

あつーい夏はやっぱこれだね!春日 日ヶ奥渓谷

あつーい夏はやっぱこれだね!春日 日ヶ奥渓谷

やっほっほー♪

丹波滝部長のいくみです。

いやー。夏ですね、暑いですね、涼みたいですよね…

滝ですよね\(^o^)/

ヤッター!!

今回は、丹波の避暑地、日ヶ奥渓谷をご紹介♪

滝部長オススメ避暑滝、春日町「日ヶ奥渓谷」はこんなところ!

道すがらには、この看板。

春日インターから10分程で駐車場に到着です。

(多利区営駐車場料金 1日500円)

まず迎えてくれるのが、長ーい滑り台。

ピューンと下るとそこにはもう渓谷の風が吹いている。

キャンプ、BBQにもオススメ!!

綺麗なトイレや


炊事場もあり、キャンプやBBQも楽しめます♪

(キャンプ、BBQは要予約・使用料必要)

と言うことで、さっそくBBQを楽しんでみる。


うーん、緑のなかで食べるごはんはやっぱりおいしい!

お腹が満たされたら、遊ぶぞー(^O^)/

滝部長直伝!滝を満喫する遊び方

まず、スイカを冷やしに川へ降りる。


さっそく始まる水鉄砲をかわしながら、第一の滝にみとれる。

滝からの涼しい風を受けていると、さっきまでの暑さは何やったんかな~(*^_^*)

透明度の高い水!


水中はこんな感じで、透明度高し!

探索すると、

日ヶ奥渓谷にいる生き物たち

あ!沢蟹!


あ!鬼ヤンマ!


あ!蝉の抜け殻!


あ!カブトムシ!


魚もいたし、豊かやなあ。

オススメ遊歩道の散歩コース

次に、渓谷沿いにつけられた遊歩道で雌滝まで♪


(我が家の3歳児にも無理なく歩ける遊歩道です)

到着!白龍の滝(雌滝)

滝壺で遊べる!白龍の滝

2段に分かれた美瀑です。

下流には、天然の小プール。ちびちび浸かる…つめたーい!

でも、気持ちいい~。

体が慣れたら、ちょっと冒険☆滝の上段へ。


鎖を持って岩をよじよじよじ登ると~

そこには看板にあった、珍しい一枚岩の滝壷が!

私はやっぱり、…バシャーン!

滝部長in滝壺の図。

滝壷の深さは4メートルほどあるとか。

全身で滝を感じる。もう、最高です。夏はこれに限る!

※安全には十分留意してください!!

クールダウンした体でさらに上を目指すと、

山の神様がお祭りしてあり、(パンパン←拝む音)

そしてさらに林道を登っていくと、

白龍の滝(雄滝)が見えてきます。

修行可能!白龍の滝

滝壺が浅いから、滝に打たれて修行もできるよ(^O^)

まだまだ林道を登ると、市島町の神池寺まで登山ができます。

そのまま林道を下ると、駐車場に戻れます。

今日は行かなかったけど、駐車場から見える山(展望広場)に登るコースもあるんですよ♪

各コースの参考所要時間

所要時間はこちらをご参考にしてください!

渓谷遊びも、登山も楽しめ、キャンプもバーベキューだってできちゃう日ヶ奥渓谷。土日、お盆は管理人さん在住です。

行ってみたいな~!と思ったアナタに、朗報!!

7月22日(日)日ヶ奥渓谷祭りがあります!

詳しい情報はこちらから!

大人も子供も楽しいの~(*^_^*)

丹波にいいとこ、みーつけたっ♪

info

県立自然公園 日ヶ奥渓谷
所在地 兵庫県丹波市春日町多利字滝ヶ鳴252

お問い合わせ 0795-74-1643(多利区長 由良さん宅)