10月ハピネス 開催!

戦国の世から未来へつなぐ〜金山城跡〜

戦国の世から未来へつなぐ〜金山城跡〜

ヤッホー! 滝・登山ガイドのおタキちゃんです!

NHK「麒麟がくる」で盛り上がりを見せる丹波の山たち。 これを機会に登ってみようかな? と思われる方も多いのではないでしょうか。

第一弾  黒井城跡のある猪ノ口山に続き 第二弾は 金山城跡のある 金山をご紹介!

明智光秀が建てたと言われる金山城とは?

明智光秀が丹波攻めの際、赤井氏(黒井城)と波多野氏(八上城)の連携を断つ為に建てたと言われる金山城。

天正6年(1578)9月〜天正7年(1579)10月のわずか1年の突貫工事で建てた一夜城だったとか。

丹波国の平定が終わるとその役目を終え廃城になりましたが、今もその遺構を感じながら登山ができる、魅力的な山です。

金山の登山口は、丹波市柏原町側と丹波篠山市側の2カ所にありますが、今回は山頂までの距離が短く登りやすい、丹波篠山市追入の登山道をご案内します。

地図はコチラ

金山の標高は540m 登山口から山頂までの標高差は290m 片道 1.3km 歩行時間 約40分

登山口の目印は、追入の信号付近にはためく 金山城跡 と書かれたオレンジの旗

ここで山側に曲がると追入神社があり、

その横に登山口があります。

足元は、履き慣れた運動靴か登山靴がいいですよ♪

登山道はこんな感じ

常緑樹の多い自然林の中につけられた歩きやすい道。

「普段運動不足やから登れるか心配やわ〜」という方は、両手にストックを持って歩くのがオススメ!

約30%の運動負荷の軽減が期待でき、バランスも取りやすくなりますよ^ ^

分岐にはちゃんと看板があり安心

途中で大山方面の展望を楽しめる場所

だいぶ登ってきたことが分かって嬉しくなっちゃう♪ と、ここで( ✧Д✧) キラン!ポイント!

滝跡とな!! おタキちゃんは一目散に矢印の方向へ駆け下りました。

が、あるのは大岩と枯れた沢のみ・・・ 昔はあったのかなあ、滝( ;∀;)

気を取り直し歩を進めると、山の中腹に寺跡が!

このお寺の厳しい修行の一つとして、滝行もされていたとか。 あの滝跡はそうやったんか! 見たかったなあ、滝。 したかったなあ、滝行。

でも、こんな歴史を感じながら登れるのもまた楽しい♪ ここまで登ると山頂はもうすぐそこ!

この看板では真っ直ぐ進むと山頂 (瓶割峠方面へ行くと、春日町国領へ出られます)

最後の登りを頑張ると、 出たー!山頂到着!

あたりを見回すと、ぐるり360°の大展望!

多紀連山(西ヶ嶽・三嶽)をはじめ、

丹波市方面は向山・三尾山。

そして肝心の八上城跡と黒井城跡もバッチリ見張れます!

ここに城を建てた光秀、流石やなぁ。 平らで広い山頂なので、お弁当スポットとしてもgood!

そして、ここから少し下ると、そう! もう一つの見所 「鬼の架け橋」があります!

ここなんと、歌川広重の浮世絵「日本六十余州名所図会」にも登場する、名所中の名所なんですよー!

一説では、大江山の鬼が架けた橋であるという民話も語り継がれていますが、実際は15世紀中頃、地震により崩落した岩が偶然こんな橋っぽくなったという記録も。

でも、鬼が架けた方がなんかいいやん!私はそっちを信じる!

やっぱり見たら登りたくなるね〜!くれぐれも足元気をつけて。

山頂を満喫し、帰りも同じ道を下りますが、下りの方が足も疲れてるし滑りやすいので慎重に。

下山すると心地よい疲労感♪ 道もしっかり整備されているので、親子登山にもいい山だ~(^-^)

山の中で深呼吸すると気持ちいいよ~♪ 近場のいい山、行ってみてね(^-^)/

 

Info

登山口アクセス: 丹波篠山市追入

追入神社横に登山口あり

花巡り・アウトドアカテゴリの最新記事